洋風建築な家々

ローコストメーカーでも満足の新築住宅

カントリー調の家

住宅購入検討当初、予算の低さから新潟市の中古住宅を検討していました。結局はローコスト系ハウスメーカーの規格住宅で1000万円以下という超低価格商品に出会い、新潟市で新築住宅を購入することが出来ました。
新潟市は持ち家率の非常に高い地域なので、同級生の友達たちも多くが住宅を購入しています。親の実家をリフォームしたという男の友達は二人いますが中古住宅を購入した友達はおらず、やはり新築住宅が人気です。新築住宅の中でも、私の友達の中では建売住宅が意外に人気があります。田舎なのでマンションを買った友達はおらず、自分を含めてみんな戸建て住宅を購入しています。新潟市は持ち家率の高さ同様、共働き率も全国トップレベルに高い地域です。忙しい子持ち有職主婦の友達たちにとっては、戸建て注文住宅に付いて回る間取り決め、仕様決め、内装決めと無限に続くかのようなハウスメーカーとの打ち合わせが煩わしいみたいです。
私たちは新築住宅といっても規格住宅という事で、間取りと仕様はおおむね決定している住宅商品を選んだため、設備や内装のみを選ぶことになりました。私自身はショールーム回りが楽しかったので建売住宅を購入した友達たちはもったいないことをしたと思います。
ローコストメーカーで建てるのは恥ずかしいとか品質が心配という意見もありますが、私は低価格で新築住宅を叶えてくれたローコストメーカーに感謝しています。

新着情報

NEW2016/09/14
新築住宅で家具工事をコストダウンする方法を追加しました。
NEW2016/09/14
新築住宅の減額調整で後悔しないコツを追加しました。
NEW2016/09/14
ローコストメーカーでも満足の新築住宅を追加しました。
NEW2016/09/14
新築住宅は寿命も長くて安心を追加しました。

≫ 記事一覧へ

Copyright © 2016 子供も非常に喜んでくれたので新潟市で新築住宅を選んで正解でした All Rights Reserved.